So-net無料ブログ作成
検索選択

韓国、盧武鉉政権に「日本を仮想敵に」提案された米国は困惑 [海外]

韓国は盧武鉉政権時代にアメリカに「盧武鉉前政権時代、韓国政府が米国に『日本を共通の仮想敵国に規定しよう』と提案した」と韓国与党セヌリ党の鄭夢準・元党代表が記者団に明かしました。
「一般国民の対日感情が良くなく、竹島問題がいつも波風を立てているので、(大統領の指示で)提案したのだろうが、米側は非常に当惑していた」と説明しています。

いい加減にしろ韓国―日本を嫉妬し、蔑む真の理由 (ノン・ブック)
いい加減にしろ韓国―日本を嫉妬し、蔑む真の理由 (ノン・ブック)

韓国は日本に対して間違った歴史認識や領土問題で難癖をつけることに執着してきましたが、最近ではアメリカやヨーロッパなどに働きかけて支持を得ようとしています。

日本という国は受身の体質が抜けきらず、主張を海外へアピールすることがとても下手なように思われます。

あくまで仮想敵国という話であっても、韓国が日本に対して対日感情の外交をアメリカに行っていたということですね。

ここ最近韓国・中国・ロシアと一部の台湾からの領土問題をめぐる国家間抗争の芽が出ていますが、紛争や戦争に至らなくても、主張をし通すことが日本は必要なことです。
時事ドットコム:「日本を仮想敵に」=盧武鉉政権が米に提案-韓国議員時事ドットコム:「日本を仮想敵に」=盧武鉉政権が米に提案-韓国議員
韓国与党セヌリ党の鄭夢準・元党代表は2日、記者団に「盧武鉉前政権時代、韓国政府が米国に『日本を共通の仮想敵国に規定しよう』と提案した」と語った。  鄭氏は「報道されていない話」と前置きした上で、「長官はもちろん、司令官たちも出席する長官会談で起きたことだ」と述べたが、発言者など詳細は明らかにしなかった。  その上で鄭氏は、「一般国民の対日感情が良くなく、独島(竹島)問題がいつも波風を立てているので、(大統領の指示で)提案したのだろうが、米側は非常に当惑していた」と説明。「米国は当惑して、日本には知らせなかったのではないか。米国はその後、どのように韓国を見たか。(提案は)あまりにも偏っている」と批判した。 (2012/07/02-16:57)

nice!(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。